Search results for Tag: Girl

少女と顔.jpg 

森のふかいふかい奥で少女は出会いました。誰もこないようなさみしい暗い森です。

そこには家のようなおおきなかおがあり、そのまわりを太い髪の毛のようなものが
うねうねと波打っています。かおの半分はくずれたようになっていて、
ぬめっとした目がこちらをじっと見ています。

「どうしてにげないのだ」
「なんでにげる必要があるか」

「わたしが怖くはないのかい」
「どうして怖いものか」

「わたしはおまえをとって食らうこともできるのだよ」
「わたしの父も狐を殺します。鹿を打ち、皮をはぎわたしたちは肉をくらいます。
 何の違いがありましょう」

おおきなかおと少女は友達になりました。

少女はとても瓶が好きでした。

少女が見つめるのは硝子の瓶ばかりで、それは青色だったり緑色だったり、
向こう側の景色が透けて見えるようなきれいなものでした。
大きいものから小さなものまで、少女は起きてから眠るまで、うっとりと眺めているのでした。

やがて少女のつま先は透き通り、硝子のように冷たくなってしまいました。
次に膝が透き通り、柔らかな太股やふっくらとしたお尻が透き通り、
少女の足はすっかり瓶になってしまいました。

驚いた両親は、そんな少女をこっそりと森の中へ捨てにゆきました。
少女は横になったまま、二人の後ろ姿を眺めていました。

やがて日が昇り、日が沈み、雨が降り、葉がカサカサと揺れ、それを何度も繰り返しました。
花が咲き、枯れて、それを眺める少女の瞳は硝子の瓶のように透き通っていました。

pict22.png
pict18.png
pict17.png
pict16.png

pict13.png

pict12.png

pict4.png

1

Menu

Human
Human illustrations / 人物のイラストレーション

Other Works
Other works/ その他の作品

Tales
Writing works in Japanese.

News
News, short messages and other posts.